真空管ソーラーシステムを取り巻く環境

2013.8.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

太陽光発電システムはつい最近まで補助金を支給したり売電価格を高く設定したりと様々な形で普及を後押ししたことから多くの人の間で話題となりましたが、実は家庭用太陽光発電システムよりも前に太陽光を利用した給湯システムが存在しました。太陽熱温水システムは太陽熱を吸収する事によってお湯を沸かす事が出来たのですが、真空管ソーラーシステムなどの新しいシステムが生まれたのにも拘らず多くの人に知られることの無いまま太陽光発電のほうが有名になってしまいました。

真空管ソーラーシステムは効率よく太陽光の熱エネルギーを利用してお湯を沸かす事が出来るのですが、太陽光発電システムよりも使い道が限定される分どうしても優先度は下がりがちでしたし、売電制度のような制度も無い分多くの人に知られるきっかけもありませんでした。ところが最近はエネルギー変換効率の高さや低コストで導入する事が出来るという点が注目されるようになり、少しずつ導入する人が増えてきたといいます。海外では発電システムと温水システムをあわせたシステムも販売されているそうで、今後はもっと真空管ソーラーシステムを初めとした太陽熱温水システムがメジャーな存在になってくれることでしょう。