真空管ソーラーシステムの仕組み

2013.8.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

太陽光を利用した発電システムは現在多くの家庭で利用されていますが、それよりも前に太陽熱を利用した給湯システムが開発されていたのはご存知でしょうか。

そのシステムは世界各国で利用されているのですが日本では知名度が低く、利用している方もそれほど多くはありません。

しかしエネルギーの変換効率は非常に高く、年間の給湯費用の8割を賄う事が出来るという性能の高さは見逃せません。

もしこれから何かしらの再生可能エネルギーを利用するシステムを導入する際は太陽熱温水器にも注目してみてください。

現在太陽熱温水器の主流となっているのが真空管式ソーラーシステムと呼ばれている温水システムです。

真空管式は太陽光のうち赤外線のみを吸収する素材と太陽熱を逃がさない素材、太陽熱を効率よく水等の熱媒に伝える触媒など複数の層で作られた真空管を複数本用意する事によって太陽熱を効率よく吸収してお湯を沸かす事が出来ます。

真空管ソーラーシステムはどの角度から太陽光を浴びてもお湯を沸かす事が出来るため従来のシステムよりも多くのお湯を沸かす事が出来たり寒冷地などそれほど太陽光を浴びる事が出来ない土地でも十分にその機能を発揮する事が出来るなどの強みもあるので是非導入を検討してください。