真空管ソーラーシステムの特徴

2013.8.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

昨今のエネルギー問題を解決するための手段として高く注目されている再生可能エネルギーを利用したシステムは現在世界各国で研究が続けられており、日本国内でも様々なシステムが利用されています。

そんなシステムの一つとして古くから稼働しているのが真空管ソーラーシステムを初めとした太陽熱温水器です。

一般家庭で利用される再生可能エネルギーを利用したシステムといえば太陽光発電システムが有名ですが、こちらは太陽熱を利用してお湯を沸かす事が出来ます。

太陽熱給湯器にも色々種類があるのですが、真空管を利用したシステムには他のシステムとはまた違った特徴があります。

真空管ソーラーシステムの最大の特徴は他のよりも太陽熱の吸収効率が高いという点にあります。

このシステムは何本もの細長い真空管に太陽光を当てる事によって内部に太陽熱を溜め込んでお湯を沸かす事が出来るのですが、真空管を利用する事によって他のシステムよりも多くの熱を溜め込む事が出来る上円形という特長を生かしてどの角度から太陽を当てても太陽熱を効率よく吸収する事が出来ます。

その代わり細長い真空管を作るには高い技術が必要になる分コストが高くなってしまうという欠点がありますがそれに見合う性能は間違いなく発揮してくれることでしょう。