太陽光発電との違い

2013.8.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

太陽光を利用して得るものといえばまず電力を思い浮かべる方は多いと思います。太陽光発電システムは国も普及を推し進めているシステムで、数年前には補助金なども積極的に支給していましたし、現在も補助金を支給している自治体は数多く存在します。しかし太陽光を利用して得られるものは電力だけではありません。真空管ソーラーシステムは太陽光を待った区別の形で利用することでお湯を沸かす事が出来るのですが、この二つのシステムにはどんな違いがあるのでしょうか。

太陽光発電システムは太陽光を利用することで電力を発生させるのですが、真空管ソーラーシステムは太陽熱を吸収する事によってお湯を沸かす事が出来ます。同じ太陽光を利用したシステムでも真空管ソーラーシステムは太陽光発電システムよりもはるかにエネルギー変換効率が高く、太陽光発電システムのエネルギー変換効率がおよそ20%ほどなのに対して真空管ソーラーシステムのエネルギー変換効率はおよそ80%にも及ぶといわれています。お湯を沸かすしか出来ない分応用力には掛けますが、お湯を沸かすという一点に集中した場合は圧倒的に真空管ソーラーシステムのほうが優秀だということは覚えておいて損は無いでしょう。